Where come from, where to go?

知っておきたい、ムッセルのあれこれ


Biology of Mussels

ムッセル(ムール貝)の生態


  1. Spier (voorste sluitspier) Muscle (front sphincter) 筋肉(前括約筋)
  2. Mond Mouth 口
  3. Palp Palp パルプ
  4. Voet Foot 足
  5. Byssus draden(baard) Byssus wires (beard) 足糸(ヒゲ)
  6. Kieuwen Gills エラ
  7. Maag Stomach 胃
  8. Middendarmklier Middle gut gland 中腸腺
  9. Darm Gut 腸
  10. Hart Heart 心臓
  11. Spier (achterste sluitspier) Muscle(posterior sphincter)  貝柱(後括約筋)
  12. Anus Anus 肛門
  13. Uitstroom opening Outflow opening 唇弁(しんべん)流出口
通称 MUSSEL ムッセル
日本名 ヨーロッパイガイ
生息地 大西洋沿岸 北海沿岸
学名 Mytilus edulis Linaeus, 1758
呼び方 “ラテン語で外側の色からMUSCLUS(小さなネズミという意味)と呼ばれ、それが変化しムッセル、ムールと呼ぶようになったとも伝えられています。
英語圏MUSSEL(ムッセル)
フランス語圏MOULES(ムール)
スペイン語圏MEJILLON(メヒジョン)
イタリアCOZZE(コッゼ)
貝殻形状 日本の品種とは貝殻の形状は若干違い細身でシャープな形状
習性 海中で強いタンパク質を分泌し足糸(通称:ヒゲ)をつくりだす。1本の足糸が形成されると2日で100本の足糸が形成されると言われています。
岩等に付着し多数固まって生息する。この無害な接着性タンパク質は、眼科用、歯科用、生体内接着剤・修復剤などとして医療分野での応用が期待されています。
エサ 海中の植物性プランクトン
成長 2年間で子供の小指から大人の手のひらサイズまで成長します。
2年間で1粒で40,000リットルの海水を貝殻(外套膜)を通して呼吸し、海をクリーンにしながら成長します。
貝身 ホワイト or オレンジ or イエローなど、同じ海域でも個体差有ります。
ムール貝は基本的に小ぶりがおいしいとヨーロッパ圏では言われています。
主要養殖国 スペイン、フランス、オランダ王国、ドイツ、デンマーク王国、アイルランド他
貝の味わい オイスターなど他の貝類に比べるとクセがなく、様々なジャンルの料理によく使用されます。
料理 欧米ではシンプルなワイン蒸しを鍋一杯食す習慣もあります。
高級フレンチの一皿として、またブイヤベース、ペスカトーレ、パエリアなど、ごく一般的に使用されます。
養殖様式
ブショ(杭)bouchots式(杭に稚貝の付いたロープを巻き付ける方式)
産卵期の海上にロープを張り付着させた稚貝を海上から海底に4〜6メートルの杭を建て、
そこに稚貝の付着ロープを巻き付けて育てる方式。
フランス独特の方養殖方法(ラ・ロシェル、ノワールムティエ島、ノルマンディ海岸)など。
ロープ式(海上の筏等から吊るす方式)
筏などから海底に向かってロープを垂らし、幼生を付着させる方法。
干満が激しくない場所、もしくは水深が深い場所に向いている。
スペイン、デンマークのリアス式の湾内や地中海沿岸などで行われている。
ボトム式 (遠浅の海底で育てる方式)
遠浅で海流の穏やかな海底に直接ムール貝を撒く養殖方法。
主な漁場は、フランス(ブルターニュ、シェルブール)やオランダ(ワデン海域)など。

Effect & Efficacy

ムッセル(ムール貝)を食する効果、効能とは?


貧血の予防に

ムッセル(ムール貝)にはビタミンB12、鉄分、葉酸といった、貧血予防や防止に効果がある栄養素が多く含まれています。貧血予防と聞くと鉄分に注目が行きがちですが、赤血球合成を助けてくれるビタミンB12や葉酸も大切です。これらが一度に摂取できるムッセル(ムール貝)は、貧血気味の方に最適な食材と言えます。
貧血の状態では、私たちのカラダは、体の隅々まで酸素が行き届かず、代謝が悪くなり、結果、疲れやすい、免疫力の低下、肌荒れが起きる、などなど様々な悪い影響が考えられます。貧血に悩まされがちな女性には特に、ムール貝をたくさん食べていただくことが効果的と考えられます。

美肌で太りにくい体質に

ムッセル(ムール貝)には、皮膚や粘膜、そして髪の毛や爪を健康に美しく育て保つ働きが見込まれるビタミンB2が豊富に含まれているので、つややかなお肌の維持には欠かせない栄養素と言えます。
加えて、ムッセル(ムール貝)のオメガ3脂肪酸は多価不飽和であり、食べることでコレステロール値を増加させないことを意味します。また、豊富な鉄分には、コラーゲン生成を促してくれる働きもあるため、ハリのあるお肌に導くと考えられています。

感情や精神を安定させる

ムッセル(ムール貝)に含まれる亜鉛、ヨウ素、セレンという栄養素には、私たちの感情を安定させる働きがあるとされています。これらの栄養分が不足している場合、自律神経が乱れて、感情が不安定になってしまいます。
さらに、ムッセル(ムール貝)に驚異的に含まれているビタミンB12には脳細胞や脳神経の再生・修復する働きもあるため、パニック障害や自律神経失調症など、ストレスなどが原因となる症状にも効果があるとされています。
ストレスを感じやすい方はぜひ、美味しいムッセル(ムール貝)を使った料理で気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

Most nutritious, Less damage to the environment

美容効果も抜群!
環境への負荷が少ないサステイナブルなシーフード


ムッセル(ムール貝)を食べることは、美味しいのはもちろん、美容や健康にもとてもよい効果をもたらします。栄養価が高く、低カロリーということもあり、ダイエットに最適な食材としても注目されています。

ムッセル(ムール貝)は、良質なタンパク質と脂肪、さらに、ミネラル、カルシウム、ビタミンが豊富。女性にとってうれしい食材なのです。

コレステロール値を増加させないオメガ3脂肪酸に加え、脳や神経の細胞ダメージを修復するビタミンB12の含有量は1日の推奨摂取量を大きく上回ります。
また、ヨウ素、セレン、銅、鉄を含んでいます。加えて、必須アミノ酸を含むアミノ酸も含まれています。

食物連鎖の最底辺に存在するムッセル(ムール貝)は水銀などの有毒素を体内に摂取しません。ムール貝を定期的に食事に取り入れることは、健やかな食生活にプラスの貢献をします。

また、海をきれいにしながら、人間にタンパク質、脂肪、必須栄養素をもたらすという驚くべきポテンシャルと効果を持ち合わせています。

栄養価データ


調理済の場合の栄養価 1日の推奨量 100g当たり RDA(推奨量) ムッセル(ムール貝)に含まれる栄養素
エネルギー 172Kcal 9%
コレステロール 56.0mg 19%
炭水化物 7.4g 2%
タンパク質 50g~60g 23.8g 48% ムール貝にはタンパク質を構成する良質なアミノ酸がたくさん含まれています。
脂質(オメガ3脂肪酸) 250mg 4.5g(800mg) 48% オメガ3脂肪酸は、体内のさまざまな機能にとって重要な多価不飽和脂肪酸に属しています。オメガ3脂肪酸のEPAやDHAは、ムール貝にたくさん含まれています。
※週に一回以上海産物を食べる人は、食べない人と比較して心疾患が原因で死亡する可能性が低い。また、関節リウマチの症状を緩和するのに有効と考えられています。
成人は週に8オンス(約224g)以上の種々の海産物を取ることを推奨しています。アメリカ保険省による「アメリカ人の食生活の指針2010」(下記URLより原本参照可)
ビタミンA(レチノール) 3000IU 304IU 6%
ビタミンC(アスコルビン酸) 100mg 13.6mg 23%
ビタミンB1(チアミン) 1.4mg 0.3mg 20%
ビタミンB2(リボフラビン) 1.6mg 0.4mg 25% 脂質、糖質、タンパク質をエネルギーへ変換する「補酵素」として働く
肌荒れや、口内炎にムール貝に多く含まれるビタミン類。中でも「ビタミンB2(リボフラビン)」がたくさん含まれています。ビタミンB2は脂質・糖質・たんぱく質をエネルギーへと変換する「補酵素」として働くため、ダイエットに効果的な栄養素と言われています。また、粘膜を保護する働きから、肌荒れや口内炎の改善にも効果があります。
ビタミンB3(ナイアシン) 15mg 3.0mg 15% 皮膚の機能を保持します。糖質・脂質・タンパク質の代謝に役立ちます。肌荒れが気になる人、お酒をよく飲む人、激しい運動をする人に必要です。
ビタミンB5(パントテン酸) 5mg 0.9mg 9%
ビタミンB6(ピリドキシン) 1.4mg 0.1mg 5%
ビタミンB12(コバラミン) 2.4mg 24.0μg 400% ビタミンB12 は、葉酸とともに赤血球の生成を助ける栄養素で、貧血を防ぐ働きがあるほか、脳、神経を正常に機能させる働きも期待されます。 肩こりのひどい人に効くビタミンともいわれる。ムール貝にはこのビタミンB12がとても豊富に含まれています。調理後100gのムール貝で、24.0 μg、実に一日の必要摂取量の4倍にも上ります。
葉酸 240µg(妊婦480µg) 76µg 19% タンパク質や正常な赤血球の生成に役立つ、貧血気味の人、妊婦・授乳婦さんには特に必要な栄養素です。
カルシウム Ca 650mg 33mg 3% 骨や歯の形成を促進します。心臓や筋肉の収縮作用を調整します。神経を鎮めて精神を安定させます。乳製品の嫌いな方、発育盛りのお子様、中高年期の方にオススメします。
鉄分 Fe 7.5mg 6.7mg 37% 赤血球に存在し、酸素を運ぶヘモグロビンの構成要素。体内でのエネルギーの産生に役立ちます。貧血気味の人、妊婦・授乳婦には必要です。ムール貝と言えば、鉄分というイメージがある方も多いのではないでしょうか?
貝類に比較的多く含まれる鉄分ですが、このムール貝にもたくさん含まれています。鉄分は赤血球の形成に必要なヘモグロビンの成分となる栄養素で、貧血予防に効果があります。100gの摂取で一日の必要量の37%を摂ることができます。
マグネシウム Mg 370mg 37mg 9%
リン P 1000mg 285mg 28%
カリウム K 2500mg 268mg 8%
マンガン Mn 4mg 6.8mg 340% マンガンは骨の形成を促進させる働きがあるため、骨粗しょう症予防には効果が期待できます。マンガンは「愛情ミネラル」とも呼ばれており、ミネラルは、カラダとメンタルのバランスを整える働きがあります。そして、なんとムール貝では100gの摂取でマンガン6.8 mg、一日の必要量の3.4倍ものマンガンを摂ることができます。ムール貝でネラルをたっぷりと補給しましょう。
ナトリウム 6~8g 369mg 15%
亜鉛 Zn 10mg 2.7mg 18% タンパク質や核酸の合成に役立ちます。味覚を正常に保ちます。亜鉛はバランスのとれた食事を取っている限りは不足することはない栄養素ですが、お肉や魚介類に多く含まれる栄養素のため、ベジタリアンやビーガンの方は不足しがちになります。また、アルコール分解に必要な栄養素であるため、お酒をよく飲む人、加工食品をよく食べる人にとって必要な栄養素です。
銅 Cu 1.0mg 0.1mg 7%
セレン Se 40µg 89.6µg 128%

“環境へのダメージが最も少ない、サステナブルでいて最も栄養価の高いシーフード”
海をクリーンにするムッセルの生態と栄養価のストーリーを
大切な方とシェアいただけましたら幸せです。

ホームパーティで!
MYムッセル鍋と活ムッセルを持ち込んで、さっと白ワイン蒸しでサプライズ!

ご自宅で!
ストウブ、バーミキュラなどのココット鍋で、
ムッセルたっぷりのブイヤベースなどの煮込み料理が簡単に作れるうえに、
テーブルを彩る華やかな一皿で大切な方にスマイルを!

サステナブルな食材であり、おいしく、栄養価の高いムッセル(ムール貝)を
ぜひ、大切な方とご一緒にお楽しみください。

News&Recipe

トピック


Contact us

お問い合わせ


以下のコンタクトフォームより、お気軽にお問い合せください。
担当者より2営業日以内にご返信させていただきます。

電話番号
+81 3-1234-5678
メールアドレス
info@5108mussel.com
所在地
〒113-0032 東京都文京区弥生2丁目6番7号 TAKETAビル1F
Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google